2018年7月13日金曜日

合掌造りとカイコさん


お久しぶりです松井です。 最近は試験やらなんやらバタバタしていました。結果はどうあれとりあえず筆記試験は終わったので、これからは三上研の活動ブログどんどん更新していきたいと思います! 


さて、誰もブログを更新していないこの1ヶ月強の間にあったことをぶわーっと書いていきます!


まず白川郷!

531日から62日にかけて、岐阜県の白川郷に行ってきました。




白川郷ではツバメがたくさんいたことが印象的でした。合掌造りの周りをビューンと飛んでいて、後ろからぶつかってくるんじゃないかと少し怖かったです。



この写真に写っているのは1羽だけですが…



今回の目的は三上先生の調査のお手伝いだったのですが、調査以外の時間でも事前学習も含めて白川郷の歴史や文化などに触れることができてとても有意義な時間を過ごすことができました。


白川郷のことや自分の人生について貴重なお話をしてくださった白川郷田島家養蚕展示館の館長である三島さんには本当にお世話になりました。ありがとうございました!




続いてカイコさん!
※虫のカイコです。これから写真が出てくるので苦手な方は薄目で見てください。


三上研では5月の末頃からカイコを育てています。
このカイコは大学の地学の先生である紀藤先生から卵から孵ったばかりのものを頂きました。


カイコが幼虫の姿でいる期間は約1ヶ月で、その間桑の葉をもりもり食べて大きくなり、そして口の下から糸を出して繭を作ります。そして繭が完成してから約2週間で成虫になって出てくるそうです


我が研究室にやってきて1週間ほどたったカイコさん(2018年06月06日)
 
やってきて2週間ほどたったカイコさん(2018年06月13日)

やってきて3週間ほどたったカイコさん(2018年06月20日)

やってきて4週間ほどたったカイコさん(2018年06月26日)

3週目から4週目にかけてぐんぐん大きくなりました。



この日一番早い子が繭を作り始めました。(2018年06月26日)




個人的な感想になってしまうのですが、この一番はじめの子が繭を作り始めたとき、嬉しさともう一緒に過ごせなくなるという寂しさで複雑な気持ちでした…。立派になってほしいけどずっと可愛い幼虫でいてくれという気持ち…。どちらかというと寂しさの方が優勢でした…。


うちのカイコは先週末に全員が繭を作り終わったので、遅くとも来週中には成虫になって出てくるはずです。
(繭を作ったカイコのうちの半分は茹でて糸を取るために、冷凍庫行きになりました。とてもつらい。)



私はもともと虫が特別好きなわけではなかったので、カイコにはまるとは思わなかったのですが、カイコと過ごしていく時間が増えていく中でカイコのことを好きになりました。


まさか自分がカイコを見て可愛い可愛いと連呼するようになるとは思わなかったです…。
(桑の葉を食べるときに前腕らしきもので葉を押さえながら食べる姿が特に可愛い。)
(ひっくり返ったときにバタバタする後ろ足らしきものも可愛い。)
(カイコの全部が可愛い。)


試験勉強で疲れていた私をカイコさんたちが癒してくれました。ありがとうカイコさん。カイコセラピー…。

いま繭の中で成虫になろうと頑張っている約25頭のカイコさんたちに会えるのが楽しみです!
がんばれカイコさん!!!


※畑の野菜については後日藤岡くんが更新すると思います。(たぶん)


最後は私の一番のお気に入りカイコ写真で締めます!
最高に可愛い!!!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

2018年5月27日日曜日

5月 畑が賑わいました

こんにちは、藤岡です!

最近暖かくなってきましたね
先日カラスの巣を探していると、ハシボソガラスのヒナを見つけました🐣
大きさは親よりも二回りほど小さくて、羽根の先の方がまだ白かったです。

カラスがギャーギャー鳴いているときは近くに巣があるかもしれませんね
そこに居続けると襲われるので、遠くから探してみるのも面白いと思います👀


さて、遅くなりましたが最近の畑の様子です!
苗や種をいくつか買いました🍅🍆

畑に植えたのはこちら!

  

左上はトマト(大、プチ)、右上はナス
左下はきゅうり
となっています。

続いて温室!
(投稿が遅くなったため、もう芽が出ているものがあります...)

大葉

スナップえんどう

とうもろこし あまいバンダムDXという品種らしく、名前に惹かれました











バジル

はつか大根 成長が早いです

セロリ 暑さに弱いらしく、急いで外に出しました💦

野菜ごとに育て方が違っていて、難しいなと思いました
それでも葉の形や色の違いを観察するのは面白いですね🔍

収穫できたら何を作ろうか...楽しみです😋





じゃがいもの葉 順調に成長しています



(前回載せたじゃがいもの芽の写真が雑草だったのは秘密🙊)



2018年5月18日金曜日

新聞と鳥と仲良し二人組

こんにちは、松井です🐢


先日、スズメの盗蜜行動に関する研究を北海道新聞夕刊 みなみ風さんで紹介していただきました!

なんだか学内外問わずいろんな方たちに新聞を見たよと声を掛けられることが多く、嬉しさと恥ずかしさが混ざった不思議な感覚です。

新聞を通して、スズメの盗蜜行動を多くの方に伝えることができてよかったです。ありがとうございました!




さて話は変わって…

この間は見晴らし公園に行ってきました!
前回行ったのは4月13日だったので、約1か月ぶりの見晴らし公園でした。

たった1か月だけでも風景が変わっていて驚きました。木に葉っぱが茂ると鳥は見つけにくくなるのですが、個人的には緑の中を歩くことは好きなのでいい季節になったなあと嬉しく思っています。🌲🌲


そんな見晴らし公園で会えた動物たちを紹介します!





オオルリくん
私にもう少し写真をきれいに撮る技術があれば…という写真です。
本で見た通りのきれいな青色でした。




ニュウナイスズメくん
普段よく見ることができるスズメより赤っぽい色をしていて、ほっぺたの黒い模様がないのが特徴です。脚を使うのがうまいと聞いていたので歩く姿を見たかったのですが、じーっと固まっていました。残念。また会えるといいな。




エゾリス

遠くの方をシャーーっと走っていきました。
私があっリスだー!!と言っている間にこの子は移動してしまい、写真を撮れず無念…
この写真はシャシャシャっと動くことができる藤岡くんが撮りました。






ゴジュウカラ
握力が強く、木に垂直にとまったり移動することもできる忍者のような鳥です。
つるんとしていてかわいかった。くちばしが少し上向きなのも特徴です。




ヒヨドリ
サクラの蜜を正面から吸っています。普段花の後ろ側から蜜を舐めているスズメばかり観察しているのでこれが正攻法の蜜の吸い方か…となんだか感動しました。


他にもメジロやセンダイムシクイなどたくさんの鳥がいました。




最近鳥がかわいくてかわいくて仕方がないです。これからの目標は見つけた鳥の名前を自力で言えるようになることです。がんばります!!






昨日、五稜郭公園で見かけた二人組(二羽組?)です。仲良しでした。コムクドリです。




よく見たらもう一羽いました。修羅場だったのかもしれません。

余談でした。🐥


気づいたら私至上今までにないくらいの長さの投稿になってました。
最後まで読んでくださってありがとうございました。🌸




2018年5月5日土曜日

お久しぶりです 藤岡です!

今回は、先日整備した畑に植えた野菜&植物を紹介します!

まずはジャガイモ!
種芋を半分に切ってます
4月の下旬に植えました

そしてネギ!

枯れかけていて危なかった...

プランターにはアサガオ!
"おはよう朝顔" と "絞り咲あさがお"の2種類を植えました

以上です!
まだ種類は少ないですが、5月に入り、市場に野菜の苗が出荷され始めたので、これからどんどん増えていく予定です🍅🍆🌿

収穫が楽しみです!





4月に植えていたジャガイモ
もう芽がでていました!

2018年5月2日水曜日

スズメとサクラ

こんにちは、松井です!

五稜郭公園にスズメの盗蜜行動の調査をしに行ってきました!

盗蜜行動とは、花の根元をブチッと切り取って花の後ろ側から蜜を舐めとる行動のことです。スズメのようにくちばしが短い鳥でよく見られています。

この行動、今回観察することができました!


ちょうど舐めてるところを撮影できました。かわいいかわいい。
サクラとスズメ、合いますね。

スズメが切り取った花がはらはらと下に落ちていくのを見る花見もなかなか乙なのではないでしょうか!?

北海道ではまだまだ花見が楽しめます。もし良かったら、スズメの盗蜜行動についても注目してみてください。🌸

2018年4月30日月曜日

イスカ

学内の樹木にイスカが来ていました。
 頭部を拡大するとこんな感じで嘴が曲がっています。
 
これは奇形ではなくて、マツの種子を食べたりするために進化を遂げてきたのです。
漢字で書くと、そのまま交喙となります。 
「イスカの嘴(はし)の食違い」という言葉もあって、ものごとがうまくかみ合っていない時などに使います(最近めったに聞かなくなりましたが、たぶん、イスカそのものを知らない人が増えたからなのでしょうね)。

嘴の曲がり方に関しては、多くの研究がされていて、結構、論文があります。
 
木にとまってせっせと何かしていたのですが、動画で確認すると、アブラムシか何かを食べてくれているようです。
こういった鳥による害虫駆除効果は、相当なものだと思います。
三上

2018年4月24日火曜日

農作業開始!と函館山実習

今年も先週から、学内環境改善の一環として畑を整備し始めました。
小型の耕運機を買ってもらえたので、手作業よりも圧倒的に早く終わります。
機械化のすごさを実感しました。

今日、24日は生命環境基礎実験の、函館山実習第1回目です。
低い山とは言え、7合目から上は雲の中。
霧の中からコマドリのさえずりがよく響いていて、こういう悪天候もそれはそれで山の良さですね(寒かったけど!)。

三上